歴史の暗記方法

 

日本史と世界史の資格検定

歴史が好きな人にお勧めしたい資格に歴史検定がありますが、どのような特徴があるのでしょうか。

 

歴史検定とはその名の通りに、歴史にどのくらい通じているのかを知ることができる検定試験になります。
歴史能力検定協会が実施する検定試験で、5級から1級までのレベルがあります。
また、3級以上になると日本史と世界史に別れており、それぞれ別個の試験が行われているのも特徴です。
どちらか一方のみを受験することもできますし、両方を受験することも可能です。
就職などに直接結びつくような試験ではありませんが、実は教育機関における認定制度を持っているのも魅力になります。
高卒認定試験において、歴史能力検定の日本史1級もしくは2級に合格していれば、試験で日本史Bを免除してもらえるのです。
世界史の場合も、1級か2級合格で世界史Bの受検が免除されます。
さらに日本史1級か2級に合格していれば、通訳案内士試験の筆記試験科目である日本歴史が免除される特典もあるのです。

 

歴史能力検定は検定試験の1つではありますが信用度が高く、教育機関での受検科目免除を勝ち取ることができるのが特徴です。5級や4級といった下位の検定でも資格を取得していると、中学や高校受験の時に役立ってくれます。歴史能力検定の対策には歴史の記憶術がお勧めです。参考書やテキスト、過去問での対策もいいですが、歴史の記憶術は歴史事項の暗記に特化した記憶術で、他にはないといってもいいほどニッチな教材です。